◆◆◆ 1344 ★ にゃんこライフ ◆◆◆

銅板作田富幸センセイのサイトはこちら / 小口木版を教えてくださっていた長島 充センセイのサイトはこちら。

2009.6.16 更新

たまご屋さんのニャンコ。

実は、このニャンコは、近所のK泉さんの家のみーちゃんなのだ。

家で4匹も飼っているということもあり、自宅への帰宅拒否。

半ノラ状態で長いこと、近所をウロウロしていたのだが、最近、タマゴ屋さん宅の店先に、遂の棲みかを見つけたという顔。

以前は全く触らせてくれなかったのに、今日は、なでさせもする。

不思議だよね。

ちなみに、タマゴ屋さんは、名前がミーということや、K泉家の猫だということを知りつつ、「ナナ」と呼んでいる。

ま、いいか。

馴染みの猫に、勝手に名前をつけるというのは、ごくフツーと思う。

ホントウは、もっと長毛なのだが、夏なので、ペットショップでカットまでしているというタマゴ屋さん。笑。

人ん家の猫だってば。

というように、猫というのは、きままである。

が、どこでも愛される。

ちなみに、アタシが描くと、こうなる。

ま、適当に、似た感じで。

この猫は、超強い。

こちらは、我が家のアイドル ハナちゃん。

ハナは、背中は、アンコカラー一色なのに、後足の内側だけ、パンツをはいたみたいに、薄茶の縞模様。

腹を出して寝るのは珍しく、いつも、猫座りして寝るのに関心する。

前の猫 ケンちゃんは、猫座りがちゃんと出来なかったからである。

ハナちゃんは、本当に、他の猫と比較しても柔らかいと思う。

なんか、得した気分だね。

おじゃら画廊

Established 1998 Rica's Bar WEB SITE & Since 2003 Atelier Ojara.
Copyright (C) All Rights Reserved by Rica Ojara.