◆◆◆ 1342 ★ 書の写真を撮る ◆◆◆

銅板作田富幸センセイのサイトはこちら / 小口木版を教えてくださっていた長島 充センセイのサイトはこちら。

2009.6.16 更新

今日は、郵便局に行く用事があり、絵を取り替えようと、まず、あとりえに行く。

それから、去年描いた書を2点と、区展に出す予定の30号の裸婦をギャラリーに移動。

書は、板に張り付いているのだが、ヒモをつけられない状態なので、紐をつけられるよう、少し手を加える。

それから、写真を撮影。

テラコッタ塑像、唄う女も一緒に撮影してみる。

去年、足立区の区展で、展示中に落ちて、怒られてしまった作品。

また思い出しちゃうよね。

作品というのは、そういう、何か、思い出を引き出す力がある。

そうして、この作品は、ちゃんと撮影していなかったことも思い出す。

空という字が泣いているように見える。

だから、雨。

産業センターに展示させていただいていた塑像

R.MUTT氏の肖像

も、持って帰ってくる。

この作品は、裏表がそれぞれ顔になっている。

区の写真展には、この、自分の塑像と書がコラボしている作品を出そうと思う。

去年は、自分のプリンタでプリントしたんだよね。

プリント屋さんの情報を見ると、4500円以上はかかるので、やっぱり、自分でプリントすることにする。

プリンタは持っているし、印画紙を買えば、多少クオリティーは落ちても、安く済むからである。

ま、一年に一枚ぐらい、写真作品を残してゆくというのも、悪くないんだけどね。

どうせ売れないからね。

写真って、絵の原価と比較すると、何て高い道楽なんだ。

こちらは、室生犀星の詩の上で唄う女。

唄っているのはカエルの唄?

どの写真を出すか悩むなあ。

文字情報というのは不思議なもので、

とりあえず読んでしまう。

詩の力が高いので、どんどんと読んでしまう。

そうして、読めない部分は気になる。笑。

アタシが、外で書や絵の撮影をしていると、通りかかりの人が、足を止める。

どうやら、書を作られている方のようで、外で長いこと眺めているので、折角なので中にどうぞと、電気をつける。

それから、書の、遠目の陰影と、カスレの話をする。

オジャラ「カスレがちゃんと作れないと、書の陰影ができないですからね。ボン・キュ・ボンという風に、遠目に見て、抽象画のようになっていることが大事なんです。どうせ、近寄っても、書は読めない場合多いですからね。もう、評価は、遠目の抽象表現っていう部分もあるんですよ」

こちらは、R.MUTT氏の肖像の塑像の正面。

この作品は、初めの頃に作られた割には、陰影がシッカリ作れていたと思う。

R.MUTT氏は、デュシャンが作り上げた架空の人物である。

この写真にしようかなあ。

ある程度、文章が読める方が、見るほうは楽しいからね。

アタシの、書に関する説明は続く

オジャラ「この、左端の方、失敗しちゃったんですよね。完全に、「か」の下は、失敗を消しているのが解る。

書いていると、あと少しっていう油断ができてね、それが、結果につながっているんです。

公募展の場合、審査員は、そういう、気のゆるみも見てますからね。

例えば、三行目までピシっとできているけど、最後だけ乱れたりしている書ってあるでしょう。

そういう、精神力みたいなところも見ているんです。

でもまあ、アタシの書は、書家の書ではありませんからね。こういう、心の緩みみたいなものも表れていても、いいかなと思いますよね。説明すると、皆さん、ホつとしますしね。」

おじゃら画廊

Established 1998 Rica's Bar WEB SITE & Since 2003 Atelier Ojara.
Copyright (C) All Rights Reserved by Rica Ojara.