◆◆◆ 1336 ★ 東武ワールド スクエアに行く ◆◆◆

銅板作田富幸センセイのサイトはこちら / 小口木版を教えてくださっていた長島 充センセイのサイトはこちら。

2009.6.11 更新

昨日、前から行きたいと思っていた、東武ワールドスクエアに行く。

世界中の有名建築物が、25分の一スケールの模型で展示されているというテーマパーク。

鬼怒川からバスで5分。

朝9時11分の特急きぬに乗車。

11時ごろ到着するが、バス発車まで10分ほどあったため、5分ほど足湯タイム。

はぁ。癒されるわぁ。

駅前には、テレビでもよく紹介される、温泉もあるので、今度来るときには、タオルを持ってこようという固い決意。

入り口では、世界の民族の皆様が、音楽を演奏して迎えてくださった。

後には、姫路城。

イロイロな建物が、出てきては消えてゆくのだが、イマイチよく見えない。笑。

同行者の竜さん。

二人してオババ帽をかぶり、主婦でございますといういでたちで、平日に、ガラガラのテーマパークを満喫。

アタシは、スケッチする気満々で、絵の道具を持参したが、建物はキライだということを思い出した。

どの建物もよくできていたが、まったく描こうという気は起こらなかった。

たぶん、椅子がなかったせいだと思う。

たって描くのはキライなんだよね。

もう少し展示の間取りを考えたり、貸し椅子などのサービスをすれば、絵を描きに来る人も増えると思うけどね。

ピラミッド前にて、巨大ラクダに乗るオジャラ。

いくらなんでもラクダは大きすぎるんじゃないかと思ったり、せめて、スフィンクスにできなかったのかと思ったり、展示の方向性に疑問を抱かないでもない。

しかも、砂漠の後に森は無いよなあ。まだまだ用地は広げられそう。

2500円の入場料というのは、ちとお高いかなあ。

見るだけであれば、頑張っても2時間ぐらいが限界だと思う。

スケッチなどをするのであれば、一日楽しめる。

今日は、曇りで暑過ぎもせず、観光日和であった。

この後、会場内の蕎麦屋でてんぷらそば1000円を頂き、江戸村にバスで向かう。

げげ。お休み。

おじゃら画廊

Established 1998 Rica's Bar WEB SITE & Since 2003 Atelier Ojara.
Copyright (C) All Rights Reserved by Rica Ojara.