◆◆◆ 1310 ★ コンペに落ちてしまう ◆◆◆

銅板作田富幸センセイのサイトはこちら / 小口木版を教えてくださっていた長島 充センセイのサイトはこちら。

2009.5.16

今までとりかかっていた、ポスターのコンペに落ちてしまう。

まあ、今まで、コンペというのが通ったことがないので仕方がない。

去年も、一昨年も、花火大会のポスターは勝手につくっていたが、今年は、さすがに、力が上がってきたと思う。

今では、花火の写真を使わなければならなかったが、今年は、イラストで、テーマに沿って、絵を描かなければならなかった。

CGとか、ボールペンで作れば、もう少し上手く描けるのだが、最近は、CGは作らない方針。

題字も、小さいながらも半紙に描いてつないだりもする。

どの字も、なかなかヨカッタと内心思っているが、落ちてしまったのだから、存在しないというのと同じである。

どちらの自治体様でも構いませんので、ポスターのお仕事あればお知らせ下さい。

みたいな。広告も一応出しておこう。

コンペというのは、力のある作品が沢山来るから、私のようなヘタクソは、なかなか採用されたりはしないのだ。

横長の作品。

花火の絵というのは、背景を暗くしないといけないし、今回、青い花火とか、川とか地球とか、そういうのを盛りまなくてはならず、絵としては、まとめるのが難しかったと思う。

もっと、人物を中心にしたイラストも出したけど、もう、どこかに捨ててしまい、パソコンの中から探すことはできなかった。

テーマが「愛しき地球」だもんなあ。

花火大会とは遠場所にあると思うのはアタシだけだろうか。

どのみち、採用されたとしても、B全のデータが、アタシのボロパソコンで作れるのかという不安もあった。

16ページのプログラムを作るとなると、最低一ヶ月は、この仕事にかかりきりになってしまうことは明白で、内心、どれぐらい、時間が割かれるのかという不安もないわけではなかった。

一人で作るとなるとね。ちと、納期がタイトなんだよね。

コンペに落ちたというのは、夏の個展に向けて、新作を作れという、天の声と思うことにし、気持ちを切り替え、創作活動に戻る。(早っ)

どの人も、みんな頑張っているし、イラストレーター協会のメンバーは、どの人もアタシの絵よりも上手いのだ。

協会の仕事であっても、コンペに落ちるというのは、フツーのことであり、でもまあ、作れば作品が1つ増えるし、その分力が上がると信じ、ときどきは、応募する。

とまあ、そういう話である。

それでも、最初に作った花火のイラストと比較して、どんどんと、絵も構想も良くなってきて、画力というのの、底力を思い知らされた。

私はエスキースは、普通は作らないのだが、こういう大作のときには、もう少し下絵を作り進めたほうがいいかなと思ったりもする。

夕方には、至近で募集していたバイトも非採用の連絡が入り、ついてない一日だった。

でもまあ、その話をしたからといって、コンペに通るということでもなければ、バイトが採用になることもない。

現実を受け入れ、前に進むというのが正しい道である。まあ、画廊業と、週三回のバイトというのを同時にやるというのもね、雇うほうも心配だよね。

自分のところの仕事がおろそかになるんじゃないかってね。

バイト受験用の、もう少し程度の落ちたHPも作っておこうかなあ。みたいな。笑。

一応、女性の絵も描いてみる。(この絵は一番はじめに作る)

足立区のシンボルマークのゆかたを着ている。

美人画は、やっぱ、エスキース作った方が、クオリティー上がるんだろうね。

原画そのものがB3ぐらいあって、文字を入れたりすることを考えると、絵が大きすぎるという気はする。

もう少しクオリティーが上がるまで、素描の習作を続けなければ。

最近、お休みしていたからね。絵がヘタになっているという気もするし。

そうして、日本イラストレーター協会の、展覧会の展示を見るに付け、アタシの絵というのは、何てヘタなんだろうと思わないわけにゆかない。

自分の絵の不味さが理解できている分、望みはある。

おじゃら画廊

Established 1998 Rica's Bar WEB SITE & Since 2003 Atelier Ojara.
Copyright (C) All Rights Reserved by Rica Ojara.