◆◆◆ 1303 ★ はずかしくて隠していること ◆◆◆

銅板作田富幸センセイのサイトはこちら / 小口木版を教えてくださっていた長島 充センセイのサイトはこちら。

2009.4.28

2009年GOOランキング、

「いい大人なのに」と言われるのが恥ずかしくて隠していることランキング

1 貯金がない

2 かれこれ長いこと自分探しをしている

3 掃除が苦手

4 ゲームで徹夜する

5 箸や鉛筆が正しく持てない

なのだそうだ。

一番から三番まで、全てクリアしているオジャラ。

そうなると、「超恥ずかしい人間だ」ということになるのか。

ま、自分探しっていうのはね、別段芸術家を目指すことに決めたわけで、見つかってないワケではないが、それこそ、生涯をかけても、見つかるかどうかも解らない世界に突入してしまった。という感じ。

しかも、五番も該当。

4番は、さすがに、もうやらないけど、パソコンは長いことやってるかも。

あ゛あ゛。人生って暗闇。

今日は、昼頃、マーケティングの勉強会の人から電話がかかってきて、会議室の金を振り込んでくれというので、銀行に行く。

明日からゴールデンウイークのため、人が大量。

アタシも、お金おろしておかないと。

サイトの引越しも無事終了。

アメリカのドメイン会社に、苦情のメール。

そうしたら、全ては、カンペキな状態にシフト。

時代は進化しているよなあ。

JPドメインを取るかどうか思慮していたけど、これであれば、NETは継続することに。

理由は、NETは、年間9ドル位で維持できるからである。

JPになると、3800円ぐらい必要になる。

ま、3800円ぐらい払えるけどさ。

払う必要があるのかという話よ。

しかも、JPドメインでないと、日本人との通信が面倒だし、スパムも大量にくるからね。

それでも、最近、スパムのチェックは強化されたみたいで、以前ほど気にならなくなった。

メールマガジンや、メールによる広告の効果が低くなってるってことだと思う。

ゴールデンウイーク前に、コンペの仕事が入り、連休は、ずっと絵を描いている。

久しぶりに絵を描いたという感じ。

今まで描いたことの無い絵なので、まず、どうやって描くかを考えなければならない。

それから、試行錯誤をして、うまくゆかないので、また、考えなければならない。

というのの繰り返し。

生きるって大変ね。

コンペって、通ったこと無いから、まあ、今回もムリかもしれないけど、でもまあ、絵は描くし、原画も残るし、見た感じ、画力は上がっているって感じ出し、小さいいくつかの作品も、それなりに安定感は出てきている。

絵を描くのは、キモノの創作活動で、5ヶ月ほど中断されていたからね。

随分と中断していたわね。笑。

キモノの話をすれば、最近、やっと、襟なども抜いて、ワリと格好よく着れる様になってきた。

下町という土地柄、みんなキモノは大好きで、だけど、着れないという人も大量にいる。

年配のおばあちゃんにも、「作り帯などでなく、自分で着たのか」などと、問い詰められてしまうのだ。

ところが、これが、六本木の美術館となると、事情は変わる。

殿方は、全員が、デレリとする。

女性の方は、まず、キモノ、帯、足元などを、

バキっ、バキっ、バキっと、眼つけチェック。

校内暴力全盛時であっても、あんなに眼つけられたことなかったけどな。

キモノの世界って怖いのね。

(アタシの場合、超お高い大島紬などに、タビックスだからだと思う。)

いいだろう。

タビックス。上等だよ。(3回の洗濯ですでに毛玉だらけ)

白いタビだと、キマリすぎてしまうし、着なれた感じというのは、「今日は、お出かけだからキモノ着ました」みたいなムードより、上なのだ。

おじゃら画廊

Established 1998 Rica's Bar WEB SITE & Since 2003 Atelier Ojara.
Copyright (C) All Rights Reserved by Rica Ojara.