◆◆◆ 1287 ★ 足立区立 郷土博物館での原画展示 ◆◆◆

銅板作田富幸センセイのサイトはこちら / 小口木版を教えてくださっている長島 充センセイのサイトはこちら。

2008.3.16.更新

先日てがけた、郷土博物館こどもデーのイラスト原画が、博物館に展示されることが決まりました。

正確に書くと長くなるので省略しますが、結果的に、展示されることに決まりました。

2階の隅の方だと思いますが、皆さんのお心遣い、深く感謝申し上げます。

以前の作品は、小さい画面に、チョロチョロと小さい絵を描いたので窮屈でしたけど、今回は、コドモのイラストと、桜のイラストはばらばらに描いて、パソコンで合体させてます。

理由は、文字などを入れるスペースが、変更になったとき、桜の絵が、子供の絵と一体になってると使いづらいからです。

ご担当の方の指示も的確でしたので、良い作品になりました。

ご関係の皆さま、蒐集家のSさんに、深く御礼申し上げます。

作品が地元唯一の公立の展示場に飾られるというのは、画家冥利に尽きますね。

展示は、いつまでか解りません。

3/16-4/6日までは、間違いなく展示されると思います。

右下の女の子の足の下に、小さくRのサインが入っています。水彩画にクレヨンで縁取りをしています。

郷土博物館は、3月、リニューアルオープンし、今までの見るだけ中心の展示から、もっと、子供が触ったり、遊んだりできる展示に変わったみたいです。

私もまだ足を運べていませんが、4/6日までには行く予定です。

会期中(3/15-4/6)は、小学生は入場無料です。

また、桜の開花時期に合わせ、足立区内花の名所を回るバスが運行されます。

200円で乗り放題みたいなので、ご家族で楽しんでみてはいかがでしょうか。

詳細は、千住のHPにも載せています。

つーか、千住のHPって、、、、いつ更新したんだっけ状態。死んどる。。。。。

というか、パソコンからデータがなくなっちょる。

はぁ。大丈夫なのかしらん。

しかたなく、サーバーから全ての情報をダウンロードして、更新。去年の6月から更新してなかったなんてねえ。

それにしても、何時間かかるんだよっ。

最近、ヒカリの速度が遅くなってきたというか、なんだか、通信コンディシヨンが悪くなってきているという気持ちになる。

巨大データの通信がフツーになっているからね。気づかないうちに、負担がかかって、トラフィックが起きているということだと思う。

チラシを見た感じ、デザイン力は向上中。

プロのデザイナーさんみたいな出来上がり。笑。

バイトっす。

デザインへのこだわりとか、そういうのもたいして無いんだけど、次を取ろうという気持ちで、今作れる精一杯の力で作っているというのはある。

どちらかといえば、職業柄、この筋のチラシなどを大量に見ているからね。そういう学習効果が現れはじめているのかもしれない。

グラフィックデザインのお仕事が、月に3ページから5ぺージぐらい、コンスタントに取れると、他のバイトをしなくて済むんだよね。

こういう、収入が不安定なお仕事というのは、体に悪い。

そうして、こちらでは、安価にお引き受けしているつもりでも、その安価な予算が捻出できないという不景気モード。

生きるって大変ね。

昨日ヤフオクに出した枇杷の木は、早速売れてしまう。

落札価格11円。

ビミョーに嬉しくもないのだが、苗木はあと4本もあり、ウチにいては(日がほとんど当たらないので)、かわいそうで、里子に出す心境。

次の場所が、日の当たる場所だといいね。

枇杷の葉といえば、痛みを和らげる漢方で有名。知人が末期の癌だったときに、枇杷の葉を乾燥させた湯に入っていたのを思い出した。

痛みを和らげるかぁ。

日本の痛みを和らげる救世主は現れるのか。

美術業界に、救世主は現れるのか。

問題解決の手法に従うとするならば、現状の中で、収益を上げられる構造にこちらが適応するという方向が正しい。

もしくは、収益が上げられなくても、生き延びることができるという体質に変わるということである。

3万9千円の家賃を払っても、月6万円で生活できるという、お笑い芸人オードリーの、春日のケチケチ生活。勉強になるわ。

おじゃら画廊

Established 1998 Rica's Bar WEB SITE & Since 2003 Atelier Ojara.
Copyright (C) All Rights Reserved by Rica Ojara.