◆◆◆ 1266 ★ あぶちゃん ショートステイ ◆◆◆

銅板作田富幸センセイのサイトはこちら/
今、文房堂のアートスクールで小口木版を教えてくださっている長島 充センセイのサイトができました。

2008.1.4.更新

ウチの父は、中国人留学生の保証人なるものをライフワークでやっている。

であるからして、今年もやってきた。

何でも、親子二代で保証人を引き受けたとか言っているけどな。

正月は、実家は忙しいらしくて、ギャラリーに宿泊することになった。

今住んでいる寮は、4人部屋とか言われてきたのに、6人で使っているらしくて、のんびり出来ないという理由みたい。

どうせ、年末年始はお休みだし、もともと母の持ち物なので、アタシには断る権利はない。

外国のお客様や、友達が泊まれるというコンセプトでたたみの部屋を作ったワケで、まあ、その目的を果たしているということに他ならない。

あぶちゃんは、22歳で、専攻は日本語とコンピューターなのだそうだ。

日本に来てから、まだ3ヶ月しかたっていないし、バイトもしていないみたいで、日本語はあんまり話せない。

年末、おでんを食べるか聞いたのだが、まず、おでんの説明をしなければならなかった。

おでんの説明は難しかった。

中国の食材には無い品で構成されているからである。

仕方が無いので、セブンイレブンまでつれてゆき、

「これがおでんよ」

などと説明しなければならなかった。

アタシのコレクションのフィギアの女の子を見て、

「僕の部屋には、これより大きいのがイッパイあります」

などと話し始める。

「でもオタクではありません」キッパリ。

なのだそうだ。

オジャラ「日本ではね、そういうのをオタクっていうのよね」とバッサリ。

近所のママやなんかにも、一緒にご挨拶に行って、お休み中、この人が出入りしますという紹介をして回る。

それから、日中は、鍵はかけておいて、シャッターを開けて、電気も小さくつけておいてもらうことにする。

店の前を通る人は、随分と長いこと、外から中を眺めてゆくのである。

入らないんだけどさ。笑。

店内に誰もいなければの話。

買わないんだけど絵は見たい。みたいな感じなのかな。

ローカルテレビに出たので、物凄い人が、ギャラリーの前を通るんだよね。

あの番組はよくまとまっていたよなあ。

応援ありがとうございます。

絵の方も頑張ります。

それにしても、あぶちゃん、あんなに日本語話せなくて不便じゃないかしらね。

まあいいか。

自分で解決するしかないもんな。

アタシは保護者でも家族でもないんだし。

日本の小さなビジネスホテルなんかよりよっぽど広いし、キッチン付き。

6人部屋よりはマシだろう。

年末一度会ったきりで、放置してるけど、ダイジョブなんだろうか?

父に、銭湯の入り方などを教えてもらっていて、アタシはアタシで、

「インターネットカフェには、シャワールームもあるらしいよ」(→テレビで見たことがある。味噌汁マシーンとかもあるんだってさ。)

などという説明。

ギャラリーにはネットがきていないので、彼は、近所のネットカフェで夜中中とか、ネットを楽しんでいるかもしれない。

1晩1500円、シャワー付きって安いよなあ。

オジャラよ、そんなことより、ギャラリーにパソコンを入れろよ。もう少し、画廊HPを充実させたらどうなんだよっ。

・・・・・。まだムリ。

おじゃら画廊

Established 1998 Rica's Bar WEB SITE & Since 2003 Atelier Ojara.
Copyright (C) All Rights Reserved by Rica Ojara.