◆◆◆ 1209 ★ 新作塑像-2 ◆◆◆

銅板画作田富幸センセイのサイトはこちら/
今、文房堂のアートスクールで小口木版を教えてくださっている長島 充センセイのサイトができました。

2008.9.10.更新

塑像作品というのは、壊れてしまうから困る。

焼く前は脆い。

手足や髪の毛の、いい加減なとりつけが、主たる理由の一つではある。

十分に乾燥させているとおもっていても、当芸教室まで行く、3分の間に、壊れてしまうということもある。

何よりも、美しく立たせるという作業に時間がかかる。

きっと、寝かせながら作るんだろうなあ。

そうしないと、重力との戦いに敗れるもんなあ。

もしくは、何か、別な支え棒などを使うんだろうか?

その辺のテクニックというのは、習いに行かないと習得できないムード。

ドローレスや、ワヤンのように、時間不足のまま固まってしまうということは、この先は無いだろう。

そういう意味でも、あの作品は貴重だった。

また作れるかと言えば、自信がない。

早く、作品が現金化できるようになり、ブロンズで作りたい。

そうしたら、永遠に壊れない。

永遠に残したいという作品になるのかどうかも未定。

完売した小壷ちゃんたち。

12月の個展のときには18個が新着する予定です。

もう少し、色が安定してくる予定。

焼き物というのは、釉薬の色が熱で科学変化を起こすので、最終的な完成具合がわからない。

どの壷もかわいかった。

顔がキモチ悪いというのを除けば、まあまあのデキだと思う。

アタシらしい部分も出ているし、顔の表現は、横顔にこだわらなければ、もう少し美人に作れると思う。

塑像というのは、正面からだけでなく、イロイロな方面から鑑賞するのだ。

3Dということになり、どの角度から撮影するのかによっても、全く違う作品になってしまう。

おじゃら画廊

Established 1998 Rica's Bar WEB SITE & Since 2003 Atelier Ojara.
Copyright (C) All Rights Reserved by Rica Ojara.