◆◆◆ 2376 ★ ガラス作家さん 後藤洋一さん ◆◆◆

個人的な感想にはコメントの前に*印

2015.12.23.

本日、遠方(宮城県より、ガラス作家さの後藤洋一んが来てくださいました。ア

タシも、バーナーを仕入れたので、聞きたいことがいくつかあり、勉強になました。み?より、ガラス作家さんが来てくださいました。アタシも、バーナーを仕入れたので、聞きたいことがいくつかあり、勉強になました。

短い時間でしたが、イロイロお話しました。

アタシ、実は陶芸窯も持っていて、それでガラスワークスも作れるというのは知りませんでした。

どうなるか分かりませんが、というか、ガラスは壊れるんで、塑像は金属の溶接系が主流になるとは思いますけど、小さい作品は、サイン替わりに、前衛作品に入れていくことに決めたので、マガタ玉みたいな作品は、バーナーで多少は作ることになると思います。

散らかっていてスミマセン。(*゚▽゚*)

後藤先生との会話

後藤さんは、宮城県で、ガラス工芸品を作っていらっしゃる作家さんである。

有名美術館でワークショップの講師もされている。

ゴトウデザイン

作品は、自分のお店や、仙台で販売されているのだそう。

作品は、セッコウやテラコッタなどで型を作り、ガラスを流し込んで造形を作り、サンドクラフトなどで彩色をして仕上げてゆく。

私も、バーナーを購入したので、この冬は、是非トンボ玉作りにチャレンジしてみたいと思っている。

後藤さんは、いくつかの作品も見せてくださった。

新しい表現に意欲的な作品で、どうやって作られたのかを考えさせられる品物に驚いた。

岡本太郎芸術のような品を作りたいのだそうだ。

素晴らしい。

真面目な方なので、どなたか、イイ人がいるといいですねという話で盛り上がる。

作家さんは、真面目で、シャイな人が多いね。

正確にいうと、奥手というか。(*゚▽゚*)

アタシのことは、オジャラさんは、頭がいいんですねというリップサービスまで。

そうそう。ラーメン頂いたんだ。食べなくちゃ。

以前、上京されたとき、連絡がうまくゆかず、お会いできなかったことがあった。

まさか、そんなに遠いところから来ると思っていなかったので、お店まで来て、不在だったため帰られたという話を聞き、(美術鑑賞のため外出申し訳ない気持ちで一杯だった。)

**************

話の続きですが、トンボ玉作家は今供給過剰なのだそうです。(*゚▽゚*) やっぱ、作品に個性がないとねと話されていました。どの世界もそうですが。。。。お互い頑張りましょうと話し、帰ってゆきましたです。

おじゃら現代美術館 & 画廊

1998- Rica's Bar WEB SITE & Since 2003- Atelier Ojara.

Copyright (C) All Rights Reserved by Rica Ojara.

おじゃら 倫子 official website

-------