◆◆◆ 1825 ★ スケッチに行く ◆◆◆

インターネットラジオFM北千住 ときどきゲリラ的に収録・生放送(あとはいつでも見れますよん)

2013.9.8.

北千住のサイトのテコ入れをするため、少しスケッチに行く。

あ゛あ゛。風景画がものすごく下手なことを思い出した。

そういえば、スケッチに行く前に、人がきて、車をパーキングしてくると言い、それきり戻ってこなかったけどな。

シモキタザワのバーに、絵が三枚ぐらいあり、Yさんという人から紹介されたといっていたが、アタシには心当りもないし、なので、アタシは、何度も、本当にアタシの絵なのかとか、こういう画風の絵だったのかを確認したのに、その人は、「こういう絵だった」と言い張るのである。なので、アタシのことなのかとアタシも思いこんでしまう。

尋ねる人の、アポイントも連絡先も住所も名前も知らずに北千住にやってきて、近隣の人に、画家の所在を尋ねたらしいから、近隣の人が、アタシと勘違いしたということはあると思う。

私の所に戻ってこなかったのは、事故やトラブルにあっていないことだけをお祈りしたい。

きっと途中で、アタシではない他の人の絵と間違っていたことに気付いたのだと思う。

たぶん、ご近隣の有名イラストレーターの、ナカタエリさんと勘違いしたんだと思うけど、そのお客様も、彼女の名前すら知らないのだから、連絡の取りようがない。

アタシのところには、彼女と間違えてウチに来る人も沢山いるけど、アタシは、そのたびに、彼女のアトリエの場所の地図を渡し、連絡先を教えてあげている。

アタシを訪ねてくる人も、相当遠くから、決意を持って来て下さるわけで、そういう気持ちは、大切にしてあげたいと考えているからである。

何分か待っている間に大橋眼科の絵が完成してしまう。その後もお戻りにならない可能性が高かったので、スケッチに出かけちゃいましたけど。あはは。

ワタリウム美術館3/23撮影のおじゃらの巨大ポートレート

それにしても、下手だよなあ。

写真も入れることにしよう。

ということで、今日は、まず、大橋眼科を写真を見ながら描き、そのあと、長円寺まで行って、

山門とめやみ地蔵、扁額などを描く。

それから、もう一枚、中に入って、六地蔵・本堂を描く。

どうしても、見たままに作れないというのが特徴。

色遣いとかは、流石に巧くなっている。(→ これでも)

大量の蚊に刺されはじめたため、退散し、ギャラリーで仕上げ。

まだ三時半なので、このあと、4丁目の氷川神社にも行こうと思う。お祭りモードなので。

町歩きの新しいコースを探っているんだけど、やっぱり、自分のよく知っている場所が一番心が和む。

三丁目の神社は立派だけど、あの、四丁目の、小ぢんまりとしたオーラに包まれた場所が好き。

ワタリウム美術館3/23撮影のおじゃらの巨大ポートレート

写真見ながら描いても、スケッチしても、どうせ、似て非なる絵になるんだから、イラストは無い方がいいんじゃないかとまで思う。

BAR THE SUNで、散策スポットのピッキングをしているときに、大橋眼科をコースに入れるかどうかという話で他の常連さんと盛り上がる。

駅から、宿場通りを右折して、まっすぐというコースは、初心者には解りやすい。ここに、大橋眼科を入れるかどうかという大議論。

FM北千住のダーシノちゃんが、「札幌の時計台だってショボイけど、あんなに有名なんですから、千住に来て、大橋眼科を見たいって人だっていると思います。」

といい、もう一人の常連さん(不思議ちゃん)も、確かにという顔をし、全員が、あってもいいという結論になる。

ワタリウム美術館3/23撮影のおじゃらの巨大ポートレート

それにしても、建物が全部入るということはないのよね。はぁ。

そうして、何故、大橋眼科の絵が一番最初だったのかといえば、やはり、絵的には、それが一番描くのに充実感があるからである。

今度のコンテンツには、写真スポットや、スケッチのポイントなんかも、盛り込むことにしよう。

それで、次が、長円寺でしょ。

あそこは、絵を描くのは楽しい場所である。

桜の季節もキレイだし、秋は秋で素敵だし。

六地蔵は、いつも赤い帽子とよだれかけをしてもらい、かわいく並んでいらっしゃる。

外にある、めやみ地蔵さまや、内側左側にある、小さい魚覧観音様もあり、心をいやしてくれる場所である。

蚊取り線香とウナ持っていこう。

ワタリウム美術館3/23撮影のおじゃらの巨大ポートレート

これは、三丁目の氷川神社の、古い建物の方。

確か、ナントカブンカ財だったような気が。

千住の案内のときには、ちゃんと調べて入れときます。

おじゃら画廊

Established 1998 Rica's Bar WEB SITE & Since 2003 Atelier Ojara.
Copyright (C) All Rights Reserved by Rica Ojara.