■■■■ INDEX ■■■■

今まで、絵手紙を描いてみたいと思っていても、お道具を用意するのが面倒で・・・・とか、
道具は揃えたけど、出すのが面倒でとか、いろいろな方がいらっしゃると思います。
筆ペンであれば、あっという間に、絵手紙が完成します。
面倒な後片付けも不要です。筆先にコシがあるので、失敗も少なく、シャープな線が描けます。
また、絵手紙の本などで推奨している、画仙紙という和紙は、味があるにじみが作れますが、
初心者には色が沈んだり、ムラになったりして、上手く描けません。
私が利用している紙は、適度なニジミが出ますが、色が沈まずにキレイに広がります。
いつも失敗してしまうという人も、ぜひ試してみてください。

 

小さなハガキのコミニュケーションですけど、みんな、楽しみしてくれています。
『飾ってるよ』と連絡してくれます。
ちょっとウレシイです。

オジャラは、絵はどんな人でも、ある程度までは、必ず描けるようになると思っています。

特に、日本人は、漢字が描けますよね。漢字って、よく考えると、昔は絵だったんですよね。漢字が書けるということは、お手本通りに描く能力は、もう備わっているんです。
字が上手い人などは、特に上達は早いと思います。もし、他の人も、自分も、自分の書いた文字が読めない程下手な人は、ちょっと心配です。はは。
でも、いい味の絵になるかもしれませんよ。(謎)
オジャラなりに、絵が上手くなる秘訣を考えてみました。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

●絵を描けるようになりたいと強く思っていること

●いい絵を沢山見ること

●絵を沢山描くこと

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

これだけで、絵は必ず描けるようになります。
ホントっす。
大切なのは、自分の意志なんです。
強い意志があれば、絵を描くスキルを覚えるのなんて、簡単なことなんです。

どうぞ、気軽に、チャレンジしてみて欲しいと思います。

絵は一人で描けるしね、年をとっても続けられるんですよ。
読書とか、パソコンとかは、年取ったら、辛くなるかもしれません。
でも、絵はね、目にも負担が少ないし(見つめる対象物が、文字などよりは大きいという意味)お友達もできます。

上手くなったら、教えてあげることもできて、感謝されます。
病院なんかに入院して、退屈してても、小さい作品なら描ける場合も多いんです。